基本構文(basic syntax)

基本構文(basic syntax)

文には、いろいろな種類があります。

1. 肯定文

疑問文でも、否定文でもない普通の文です。

2. 疑問文

「・・・・ですか」という意味を持つ、いわゆるたずねる文です。

be動詞の場合;そのbe動詞を主語の前に置きます。

一般動詞の場合;主語の人称や時制に応じて、”do”や”does”、”did”を、通常は原形にした動詞の前に置きます 。 

3. 否定文

「・・・・ではない」という意味の文です。

be動詞の場合;be動詞の後ろに”not” を置きます。

一般動詞の場合;主語の人称や時制に応じて、”don’t”や”doesn’t”、”didn’t”を、通常は原形にした動詞の前に置きます 。 

4. 命令文

文の最初を、動詞の原形にして、相手に命令する文です。

5. 感嘆文

驚きや喜びを表わす文です。”what”や”how”などが使用されます。

6. 付加疑問文

通常の文章の後ろに、最初の文と合わせた主語、動詞で疑問になる言葉を付け加えた文です。

 

参考
http://www.e-bunpou.net/kihoneibun.html