数詞(Neumeral)

数詞(Neumeral)

スポンサーリンク

 

確定的な数量を表す形容詞を、数詞(Numeral)といいます。これには、基数、序数、倍数の3つの種類があります。

(1)基数(Cardinal):

     ”one”(1個(一人)の),”two”(2個(二人)の),”three”(3個(3人)の)・・・

書く場合は、一般的に10より大きい数字については、アラビア数字を使う方が、読みやすいですし、間違いも少ないように思います。

(2)序数(Ordinal):

     ”first”(最初の),”second”(第二の),”third”(第三の)・・・

(3)倍数(MultipIicative):

     ”haif”(半数(半量)の),”double”(二倍の),”treble”(三倍の)・・・     

(4)数詞に関する注意点

  ・20以上は、10の位と1の位との間に、”-”(hyohen;ハイフン)をはさみます。

    ”twenty-one”(21の),”fifty-seventh”(第57の)・・・

  ・イギリス英語では、”hundred”(百)の次、また百の位が無い数字の場合”thousand”(千)の次に、”and”を置きます。

    ”one hundred and eleven”(111),”three thousand and six”(3006)・・・

 

 

参考
英語ニューハンドブック  研究社

参考書より分かりやすい英文法解説  http://e-grammar.info/infinitive/infinitive_04.html

ORG:2017/10/29