名詞の所有格用法(Noun ownership usage)

名詞の所有格用法(Noun ownership usage)

スポンサーリンク

 

名詞の所有格をつくるには、原則として名詞の語尾に”‘s”(Apostrophe s) を付けます。この”‘s” は、本来は”es” でしたが、”e” の字を省ねこたちの略して”‘s”  になったものです。この他”of” を付ける方法もあります。
この項では、これらをどのように使い分ければよいかを考えましょう。

1. “‘s” の付け方

通常は、人や動物など生物の場合は、原則として”‘s” を使います。

(1)単数の場合

a. 語尾が[s]音の場合
“actress’s”(女優の),”fox’s”(きつねの)

b. 語尾が[s]音、または[z]音でない場合
“boy’s”(少年の),”cock’s”(コックの),”lady’s”(婦人の)

(2)複数の場合

a. 語尾が[s]音の場合
“mice’s”(ハツカネズミの),”geese’s”(ガチョウたちの)

b. 語尾が[s]音でない場合
“women’s”(女たちの),”children’s”(子どもたちの)

2. “’s” の”s” を省いて”’” だけをつける場合

“-s” で終わる複数名詞の所有格は、”’” だけを付けます。
“boys’”(少年たちの),”cats’”(ねこたちの)

 ○ My house is three miles’ distance from here.
   「私の家はここから3マイルの距離にあります。」

3. 所有格に続く名詞が省略される場合

同じ名詞は重複を避けるために省略することが多いです。

 ○ Is that sweater your sister’s (sweater)?
   「あのセーターはあなたの妹さんのものなの?」

名詞の所有格の後にくる、”house, hotel, shop, department store” などの、場所や建物を表す名詞は省略されることが多いです。

 ○ I’ve been to a barber’s (shop).
   「私は床屋に行っていました。」

4. 無生物の所有格は、ofを使うのが普通です。

比較
 ・人や動物の場合; “the man’s legs” (人の足),”the dog’s legs” (犬の足)
 ・無性物の場合;”the legs of the table” (机の脚)

但し、代名詞の場合の所有格は適用が自由で、生物・無生物のどちらでも使用できます。

 ○ The brass has lost its polish.
   「その真ちゅうは輝きを失いました。」

5. 名詞 + of + 名詞+’s

二重所有格ともいわれます。所有を表す名詞に、”a(an)”,”this”,”that”,”some”,”any” などがつくときに、この形になることがあります。

 ○ Margaret was wearing a diamond ring of her mother’s then.
   「その時、マーガレットは母親のダイヤモンドの指輪をしていました。」

 

参考
英語ニューハンドブック  研究社

英文法の泉    http://www.e-bunpou.net/meisi-syoyukaku.html

 

ORG:2017/10/11