ピリオド

ピリオド(period)

 

1.文の終わりを示す

/ 英語のピリオドは、日本語の”。” にあたり、文の終わりを示す役割があります。疑問文や感嘆文以外の文の終わりに使われます。

  I’ll weed the garden this Sunday.

  「今度の日曜日は草むしりをするつもりです。」

 

2.省略(abbreviation)を表す

/ 単語を省略して示す場合に、その語の後にピリオドが用いられます。特にアメリカ英語でよく使われます。

  Mister → Mr. *
  Mistress → Mrs. *
  doctor → Dr. *
  etcetera → etc.
  October → Oct.

/ USAなどの頭字語(acronym)の場合、ピリオドをつけないのが一般的です。

  ○;USA (= United States of America), △;U.S.A. 

 

/ ピリオドのついた略語の後に、単語や数字が続く場合、半角1字分のスペースを設けます。

  E. M. Hilton (人名)
  p.32

 

/ *;イギリス英語では、Dr. やMr. / Ms. / Mrs. など、元の語尾が生きている場合、ピリオドをつけない方が好まれます。

 

3.リストの連番につける

/ リストや項目の連番に用いる、数字やアルファベットの後ろには、ピリオドを付けます。受け側の丸かっこ”)” は通常は使用しません。

 ○  I.  Logistics
       A. Transportation
         1.  Methods
         2. Person

 △  I)  Logistics
       A) Transportation
         1)  Methods
         2) Person

/ 英語での連番は以下の方式がスタンダードです。

 ① 大項目: ローマ数字 (Roman numerals)
         I. II. III. IV. V. IX. X.  など

 ② 中項目: アルファベット大文字
         A. B. C. D. E. など

 ③ 小項目: 数字
         1. 2. 3. 4. 5. 6. など

 ④ それ以上必要な場合: アルファベット小文字
         a. b. c. d. e. など

 

4.数字の表記で使う

/ 小数点を表す場合や、通貨単位、章節項などを表す際にピリオドを使います。

  123.637 (小数点)
  $11.25 (10ドル25セント)
  3.2.5 (第3章第2節第5項)

ヨーロッパでは、小数点を表す場合は、”,” (カンマ)を用いることが多いです。

 

5.依頼を明確にしたい場合

/ 相手にお願いをする場合、“Could you” や”Would you” など形式上は疑問文の場合でも、依頼や命令の意味をはっきりさせたい場合、疑問符ではなくピリオドをつける場合があります。

  ◎ Coud you arrange to have the book sent to my office?
    ○ Coud you arrange to have the book sent to my office.
     「その本を私のオフィスまで送ってもらえませんか」

 

6.文末のピリオドの後のスペース

/ 文が終わった後、その後ろに新しい文を続ける場合、半角1文字分のスペースを設けます。

  A change of state is a physical change of a substance from one state to another. It normally occurs because of a Change in the energy of the particles, caused by heating or cooling.
   「状態の変化は、ある状態から別の状態への物質の物理的変化です。 通常、加熱または冷却によって引き起こされる粒子のエネルギーの変化が原因で発生します。」

 

 

参考
英語ライティングルールブック  デイヴィッド・セイン  DHC

 

ORG:2019/4/22