形容詞の語順と位置

形容詞の語順と位置(Word order and position of adjectives)

スポンサーリンク

 

名詞を修飾する形容詞が2つ以上ある場合には、その後順に注意しなければなりません。

また、形容詞がいつも修飾する名詞の前にくるとは限りません(叙述的用法)。

1. 名詞の前に並ぶ形容詞などの語順

2つ以上の形容詞が名詞の前にあって、修飾する場合は、形容詞は通常特定の並び順が決まっています。意見や態度などの主観を記述する形容詞(例えば驚くほど)は、通常、より中立的で事実を示すもの(例えば、赤色)の前で最初にきます。

(1)Opinion

“Opinion” は、「きれい」、「汚い」、「易しい」、「難しい」 など、人の主観を表す砂愛に使われる形容詞です。

(2)Size

“Size” はスタバのコーヒーを注文する際に選ぶ、「トール」、「ショート」、人の身体の「大きい」、「小さい」のようにサイズを表す際に使われる形容詞です。

(3)Physical quality

“Physical quality” は、表面が「粗い」、「細かい」や、材料が「厚い」、「薄い」など、そのものの性質を表す形容詞です。

(4)Shape

“Shape” は、「丸」、「四角」、「三角」などの、ものの形や輪郭のように、形状を表す際に使われる形容詞です。

(5)Age

“Age” は、「古い」、「新しい」、「年を取った」、「若い」 など、人の年齢や物が出来上がってからの年数などaを表す際にすかわれる形容詞です。また「熱い ”hot”」、「冷たい “cold”」 なども、ここに分類されます。

(6)Color

“Color” は、「青」、「ピンク」、「銀」など具体的な色や、「濃淡」、「明るさ」、「鮮やかさ」 のような、色の状態を表わす際にも使われます。

(7)Origin

“Orijin” は、その人や物がどこからやって来たのか、起源を表す際に使われる形容詞です。人の出自”nationality”(人種や国籍の他、「東洋」、「西洋」 などの地域を表す形容詞も、ここに分類されます。

(8)Material

“Material” は、修飾する名詞の素材を表す素材を表す形容詞です。 そのものが内で出来ているのか、何から作られたものかを表す形容詞です。

(9)Type

“Type” は、そのものの形状を示すばかりでなく、抽象的な役割を示す場合に使われる形容詞です。日本で解説されたインターネット上の英文法のサイトでは”Type”と”Phisical quality” は、あまり含まれていません。

(10)Purpose

“Purpose” は、そのものの「用途」や「目的」 を表すのに使われる形容詞です。動名詞(動詞 + ing)や不定詞(to + 動詞)のような、動詞を起源にするものが多く使われます。

例として、考えましょう。

 ○ t was made of a strange, green, metallic material. (1 – 6 – 8)
   「それは、不思議な緑色の金属材料から使われています。」

 ○ It’s a long, narrow, plastic brush. (4 – 8 -10)
   「それは、長くて、細い、プラスチック製のブラシです。」

 ○ Panettone is a round, Italian, bread-like Christmas cake. (4 – 7 – 9)
   「パネットトーンは、丸くてイタリア製のパンのようなクリスマスケーキです。」

非常に特殊な場合ですが、

 ○ She was a beautiful, tall, thin, young, black-haired, Scottish woman. (1 – 2 – 3 – 5 – 6 – 7)
   「彼女は、美しい、背の高い、細い、若い、黒い髪のスコットランド人女性です。」

2. 名詞の後ろにくる形容詞

(1)”something”,”somebody”,”someone” など、”-thing”,”-body”,”-one” でおわる語句を修飾する形容詞は、それらの語句の後ろに付けられます。

 ○ The reason he married her is that she had something glamorous.
   「彼が彼女と結婚した理由は、彼女が何か魅惑的なものを持っていたからです。」

(2)語尾に”-able”,”-ible” が付いた形容詞が、”all”,”any”,”every”,”no” などとともに使われる名詞を修飾する場合に、それらの名詞の後ろにつくことがあります。

 ○ This may be the most possible protocol imaginable.
   「これが考えられる最もあり得る手順でしょう。」

(3)関係代名詞+be動詞の省略があると考えられる形容詞

関係代名詞+be動詞の省略があると考えられる形容詞の使い方の場合に、修飾する名詞の後ろにきます。

 ○ All the board members present opposed the agenda.
    = All the board members (who were) present opposed the agenda.
   「出席した役員全員がその議案に反対しました。」

 

 

参考
英語ニューハンドブック  研究社

英文法の泉    http://www.e-bunpou.net/keiyousi-gojun.html
英会話コラム    http://www.langland.co.jp/english/column/english-column13.php

http://dictionary.cambridge.org/grammar/british-grammar/about-adjectives-and-adverbs/adjectives-order

 

ORG:2017/10/29